いよいよ夏到来!気になるムダ毛処理と手入れ

気になるムダ毛処理の方法と注意

夏が近づくと女性の最大の悩みとも言える「ムダ毛処理」の問題が発生しますよね。そして、事が事だけに相談なんてできない。そして、悩み方も人それぞれ。どうしても、跡が残ってしまう。肌が荒れてしまう。ムダ毛が濃い。などなど。そんな悩みを解決しましょう。「ムダ毛処理」と一言で言っても、様々なほうほうがあります。「剃る」「抜く」「焼く」など。また、そんな分類の中にも方法が様々。やはり、試してみて自分に合った方法で処理するのが一番良いでしょう。合わない方法をずっと使っていると、肌荒れや炎症の原因となるので注意しましょう。そんな「ムダ毛処理の方法」を皆さんにお伝えできればと思います。

「剃る・抜く・焼く」

剃ると言っても道具が様々です。「剃刀」だと、手軽に誰でもできる馴染みのある処理方法です。しかし、肌へのダメージが大きく、肌荒れなどが起こりやすいとも考えられています。「電気シェーバー」だと、機械で剃る深さを決めているのでダメージが少ないです。ですが、深剃りがしにくいです。次に、抜く方法です。「毛抜き」や「ピンセット」という方法があります。これも抜くという中では馴染みのある方法ですが、無理に毛を引っ張っていることになるので肌にダメージが多いです。しかし、抜いているので、毛が生えてくるまでに時間はかかります。次に「ワックス・脱毛テープ」これは、一気い広範囲を抜くことができるので時間の短縮にはなります。しかし、人によっては炎症を起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。「電動の毛抜き」これは、向き不向き、評判は様々です。ですが、機械なので時間と手間がかかりません。次に焼く方法です。「熱で焼く除毛器」これは、肌をなでるように機械を滑らすと熱で焼き切ってしまうという方法です。評判は良いようですが、ヤケドをしてしまう可能性もあるので要注意です。

気になる処理後のアフーターケア

やはり、処理後のトラブルが気になります。そして、綺麗に保ちたいですよね。そんな時の「アフターケア」を紹介します。と言っても、結構簡単です。やっぱり、肌なのでフェイスケアの仕方と一緒です。傷などが仮にできてしまった場合は、菌が入りやすくなっているので、しっかり消毒を行って絆創膏などで傷を塞ぐこと。そして、全体的なアフターケアは、「化粧水」「保湿クリーム」で綺麗に清潔に保たれ、肌にも艶がでます。また、人それぞれですが自分のフェイスケアに使っているものを利用するのも良いと言われています。顔は、肌が薄く弱いとされているため自分に合ったものをしっかりと選んでいる場合が多いので同じ物を利用するという安全を選ぶ方も多いようです。

医療脱毛は医療機関で施術が行なわれるので脱毛機器もより強力で効果の高い物を使用でき、万が一トラブルがあった場合でもすぐに適切な処置がしてもらえます。