グリーンスムージーの応用!酵素の効果を高める摂取の仕方

酵素ドリンクとしてのグリーンスムージー

グリーンスムージーは健康や美容に良いドリンクとして知られるようになりました。生の野菜や果物を水などと一緒にミキサーにかけて飲むという簡単な方法で摂取できることからも注目されています。グリーンスムージーは栄養豊富なドリンクと認識されていることが多いものの、立派な酵素ドリンクでもあることは知っておくと良いでしょう。生の野菜や果物に含まれている酵素を加熱して壊してしまうことなくそのまま摂取できるからです。

一般的な酵素ドリンクとの違い

グリーンスムージーがあまり酵素ドリンクとは宣伝されていないのは、一般的な酵素ドリンクとは違いがあるからです。一般的な酵素ドリンクの場合には多数の野菜や果物などの植物を使って、熟成発酵を行って酵素を増やしつつ、含まれている栄養素を分解して吸収しやすくしています。そのため、酵素の量も豊富であり栄養が吸収されやすくなっているのです。その点で作りたてのグリーンスムージーは劣ってしまいますが、問題を解決する手段はあります。

グリーンスムージーを発酵させよう

グリーンスムージーは新鮮な状態で飲むことにより、壊れやすいビタミンCなどの栄養素を摂取しやすいというメリットがあります。そこに目を瞑って酵素を増やしたいと考えたら発酵させてしまえば良いのです。密閉容器に入れて上白糖を加え、常温で一週間程度置いておくことによって発酵が進みます。それを少し薄めて飲むと酵素が豊富な酵素ドリンクとして利用できるのです。グリーンスムージーを作ったときに新鮮なものを飲み、一部は発酵させて飲むというのも賢い考え方でしょう。

以前は酵素ドリンクというとおいしくないという印象がありましたが、現在はジュースのような味のものもあり飲みやすくなっています。